2008年07月27日

「次の仕事、決まったの?」
「ああ、伊織メインで二つほどね」
「今度こそ、メインでしょうね」
「今度こそ、メインだよ」
「この間みたいだったら許さないわよ」
「企画書みればわかるよ。ほら」
「……『アイマスソート 1位水瀬伊織 2位如月千早……』?」
「あ、間違えた。企画書はこっちだ」
「……」
「どうした? 伊織」
「……ね、ねえ」
「何?」
「べ、別になんでもないわ。さっさとその企画書とやらをみせなさいよ」


彼女に愛を伝えるのにはちょっとコツがいる。





「ねえ……さっきの、事だけど」
「さっきって…ああ、ソートの事?」
「アンタ、真のことどうおもってるのよ。ソート3位だったじゃない」
「そうだね……真は最初に惚れたアイドルで」
「ほ、惚れた?!」
「今は友達かな」
「ちょっと! 詳しく聞かせなさいよ」
「ニコマスにはまったきっかけが、きゃのんPの真だったんだ」
「で?」
「それが高じて、箱○を買ってね。真は一番最初にプロデュースした」
「……」
「彼女もいろいろ悩むけど、それはゲームの中で解消されるんだ」
「真の悩みって…女の子みたいにカワイクなりたいってアレ?」
「むしろアイデンティティの悩みというべきだろうな…でも今は男とか女とかもうそんなのは関係なくて、『菊地真』として頑張ってる」
「そう…でもそのわりには真と仕事殆どしてないわよね」
「俺自身、真はゲームの中でプロデュースしおえてるって思ってるからね。それに君と、出会ってしまったから」
「――っ」
「…………ぁ」
「ね、ねえ…」
「か、勘違いするなよ! お前の事はそんな風に想ってるわけじゃないんだからな!!」
「バ、バッカじゃないの?! アンタこそ勘違いしないでよねっ!!」


彼女に愛を伝えるのはまだちょっと恥ずかしい。
posted by tlo at 10:02| ある日の風景的な何か